一般家庭の愛犬

No Comments

犬騒ぐしつけ

一般的に、チワワに関してはトイレをしつけることも楽な方です。

でも、繊細なところがあることからしつけ当初はシーツの場所を1つのところに決めて、動かさないことが必要です。

犬が噛む背景は、大半は体罰を与えるしつけや我儘に飼育したための犬と主人との主従関係の逆転が理由です。

あなたは、子犬の頃の甘噛みを大目に見ていませんでしたか?

例外なく、室内で犬を飼うドッグオーナーの方々にとっては、トイレをしつけるということはとても大切な仕事で、子犬がやってきた初日のうちに、早速スタートして頂くことが望ましいです。

チワワの場合、しつけ中の問題点に、「よく吠える」ということが言われたりします。

自宅から外に出た途端、横を通る人たちにひどく吠えるようになるなど、しつけが欠けている犬がいると思います。

もしもしつけが出来ていない場合、なんだかまるで捜索犬のように、食べられるものを探し求めて、あちこち食べ物臭などを嗅ぎながらの面倒な散歩に、結果的になってしまうのではないでしょうか。

通常、規則に従うスポーツといったものは、ラブラドールをしつけるのに大変適しています。

ラブラドール犬とオーナーが互いに交流しつつ、大変多くのことを学べると思います。

基本的にトイプードルは、犬の中でも上位の頭の良さで陽気さがあります。

飼い主の言うことを良く聞き、人を必要以上に怖がらずに、感性が鋭いだけでなく、良い反応力を持っているので、しつけをしてやると確実に習得するはずです。

まず、柴犬の小犬を育てた後の目的次第でしつけ法は異なってきますが、一般家庭の愛犬として育てる時は、生まれてから6か月くらいまでにしておくと、いずれ柴犬と飼い主の関係に役立つはずです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です